事業用物件豊富!! 株式会社 大吉不動産

工場・倉庫・店舗・事務所・ビル・事業用地などの事業用の物件を中心に営業しています。

憂鬱な日々がまた始まるのか・・・


去年の4月1日に自宅を北茨城に引っ越しましたが


それ以降の生活
   ↓


https://blogs.yahoo.co.jp/blue_stone_shop/22366629.html


ここのムラゴンのブログにも載せていますが


それでも酷い目に遭っているすべてのことを載せている訳ではないんです。


昨日の夜中も次男の体調がおかしくて参っていたんです。


12月の末ごろに仕事で留守にした時に


また自宅や会社の中に入った人が


買い置きしていたお菓子に薬物のようなものを入れていたのか?


心当たりが、買い置きしていたお菓子のようなんです。


12月後半のいつからだったか、私が体調が以前よりも悪くなって


体を起こしていられなくなることがあるんです。


症状からいうと薬物ではなく、毒のようなものなんです。


留守中に誰か入った形跡があった時は買い置きしていたものは、


ある程度捨てているのですが


1月1日に私が飲んでいたティーパックのお茶を次男が一口飲んだら


体調が悪くなって、原因はお茶だということを知ったんです。


そのお茶も昨日の夜の次男が体調がおかしくなる前に食べたお菓子も


会社に隠して置いていたものなんです。


うちは来客にお茶を出さないので、


お茶は私だけ飲んでいて1月1日は次男が飲みましたが


こんなことが北茨城に引っ越してから日常茶飯事なんです。


何が起きても相談する先がないんですよ。


意味が分かりますか?


そういう状況だから、


いわきと北茨城を中心に薬物がバラまかれていて


なんとなくの感じで被害者は数千人いるんじゃないのかな?という


状況なんです。


うちの被害もその薬物バラまき問題も上の方で指示しているメンバーは


同じ人たちだそうです。


何度も聞いている話だし


実際に私もそうなんだということが、よく分かりましたから。



私の会社は平成16年7月にいわきで自分で始めて


去年の7月に北茨城に移したんです。


不動産の免許の都合で、自宅の引っ越しが先で


4月1日から7月までは、いわきの会社に通勤していたんです。


その通勤していた期間も薬物バラまきの被害に遭った話は聞いていたし


いわきの会社で仕事をしていて


会社を始めた頃とは全く違う治安の悪さをほぼ毎日感じていたんです。



いわきの男の人で、私が結婚して欲しいと自分の家に来たんだとか


大吉不動産は自分の会社だとか


訳の分からないことを震災直後から言って歩いている人がいますが


その人の話もウソで薬物で狂っているんです。


震災の前のことですが、旦那が刑務所に入っているという女の人と付き合っていて


その人の借金の連帯保証人になった話や


その人に独身で1人で不動産屋をやっているクソ女(私)に


借金を押し付けて来いと言われたとかの話で


うちの会社の実印を盗もうとしたことがあったんです。


それ以前には、私のお金を盗んでいますが。


付き合っている女が薬をやっているとか


今の女はみんな薬をやっているとかで、


私の会社に来て薬を買って来いとか


お前は人間じゃないとか訳の分からないことを言って騒いだり


殺してやると私を追いかけたこともあったんです。


震災の前の年です。


今の薬物問題は、震災以降の問題ですが


その人は震災以前から自分から薬物をやった人なんです。


私が結婚して欲しいと自分の家に来た話を


その人が言って歩いている話も去年も聞きましたが


それもウソです。


他に誰なのか分からない初めて会う男の人が


いわきに会社があった頃に来て


会社を返せ!と言われたこともあるんです。


後から知ったのは、その人も薬物の人とつながっていたので


薬物で狂っている状態でうちの会社に入って来ていたんでしょうけど


そんな人は何人いたのか分からないくらいです。


震災の翌年だったのか、


自分から覚醒剤に手を出して、それを自慢話としてうちの会社に来て話すようになり


だんだんおかしくなって、会社に長時間居すわたっり


夜中に私の自宅を探して歩いたりと困った行動をしたので、


出入り禁止にしたことがあるお客さんがいますが


その時も電話で仲介を断ることについて、裏切り者と!怒鳴ってすごかったんです。


裏切り者と言われる意味すら、私には分からなかったんです。



平成28年1月に私を呼び出して覚醒剤を買ってほしいとか


自分たちは覚醒剤をやっていると言ったお客さんについては


その話を聞く前から夫婦でおかしかったんです。


話を聞いた時は、だから夫婦で変なのか・・と納得しましたが、


その前に


何を言いたいのか分からない数時間の長い電話がよくかかって来て


仕事に支障が出て困っていたんです。


覚醒剤を買ってほしいと言われた時にすぐに仲介を断って


その後も関わらないようにしていたのですが


ある時にその人の奥さんから電話があったんです。


「〇〇の妻ですけど!」とすごく怒って、


自分の旦那との付き合いをどうして断るんだって。


その人は、もともと他社の不動産屋のお客さんで


ある時に物件の問い合わせの電話で知り合ってお客さんになりましたが


賃貸物件の管理は他社だし、売買や賃貸については


複数の不動産屋に頼んでいたんだから


うちが仲介を断っても何も支障が出なかったのに


突然 奥さんが怒って電話を寄こしたんです。


物件については、すべて旦那さんが動いていて


奥さんが電話を寄こしたこともなかったのに。


奥さんからの電話の後に、いつも車で移動している本人が


バイクでフルフェイスのヘルメットをかぶって来て


誰なのか分からない格好で来て中に入って来て


何事もないようにカウンターの席に座って帰ろうとしなかったので


警察に電話をかけたらパトカーが着く前に帰って行きましたが


薬物をやっている人は、いつかはおかしい行動になるんです。


平成28年5月に薬物でおかしくなったお客さんも


用がないのに何事もないかのように突然会社に来たことがあったんです。


お金を出さないなら私を殺すとか次男を誘拐するとか


そういう話をして、


実際に次男を連れて行こうと幼稚園の迎えの時に


変な人たちが来るようになったら


それでお客と不動産屋の付き合いが終るのは当然ですよね。


そのお客さんも最後は、会社に来て帰らないので


パトカーを呼んだんです。


警察がその人を会社の外に出して、二度と会社に来ないようにと言い


警察はそこまでしか言えないと言っていましたが


それは平成29年のことだったかな。



軽い気持ちで自分から薬物を始めた人や


薬物バラまきの被害に遭ったばかりの人は


薬物を続けた先がどうなるか分からないと思いますが


人間なのに人間ではなくなるんです。


人を殺すことが犯罪と思わなくなるんです。


そういう話をし出した人が実際に数人いましたけど


自分がおかしいことを言っていることに気が付いていないんです。



私が薬物でおかしくなっている人を初めて見たのは


小学生の頃なんです。


以前もブログに載せた話ですが


夏休みに庭で1人で遊んでいたんです。


そこに白いブリーフ1枚で裸足の男の人が庭に走って入って来たんです。


怖くなって急いで茶の間に入り、サッシの鍵をかけて


ばあちゃんを呼んだんです。


家には私とばあちゃんしかいなかったので。


男の人は庭の奥の物置の前にしゃがんで


頭をかかえて何もない空を見て怯えていたんです。


夏の天気が良くて雲がない青空の日です。


人間なのに人間ではないその人を怖いと思ったし、


今でもその時のことは忘れられないんです。


ばあちゃんは、その人のところに行って


どうしたんですか?大丈夫ですか?と何度も聞いていたのですが


その人にはばあちゃんの声が聞こえていないようで


空を見て怯えていたんです。


そこに近所の男の人が来て、うちに来たお客さんだからと


ニコニコしながら何事もなかったようにその人を連れて行ったんです。


私は、その連れて行った人の家の前を通るたびに


ここに家に来るお客さんは、みんなブリーフ1枚なのかな?と思っていましたが


後から知ったのは、その時の人は薬物だったんです。


私の想像では、薬物をやった人は


その時の人のようにいつかはパンツ1枚で外に飛び出して


おかしくなってしまうと思っているんです。


怖いですよね。


薬物とは、そういうものでしょう。


その薬物がバラまかれている、いわきと北茨城なんです。


出かけると留守中の自宅や会社や車の中が何かされるんです。


私が風呂に入っている時だって、自宅に入って来ていたんですからね。


確認していませんが、


寝ている時に男の人が入って来て私に触れた感覚があって


目が覚めたことがあるんです。


1度目で眠りが浅くなって2度目で目が覚めて。


眠くてすぐに起きれなくて、起きた時には誰もいませんでしたが


そのことを次男に言わずにいたら


寝ている時に寝ている部屋に男の人が入って来たことがある話を


先日したので


私が目が覚めた時のことは、本当だったかもしれないんです。


怖いですよね。


鍵をかけて、内側からドアノブを紐で縛ったりしていても


それを入って来るんです。


今は、それ以上に開かない対策をしているドアがありますが


何をされるのか分からない生活が明日からまた始まるのかと思ったら


憂鬱です。



私のどのブログも更新されなくなって、


私や次男が自宅で殺されていたという結果になった時は


薬物バラまきの人たちにやられたと思ってください。



生きているうちは、ブログの更新を続けています。