事業用物件豊富!! 株式会社 大吉不動産

工場・倉庫・店舗・事務所・ビル・事業用地などの事業用の物件を中心に営業しています。

寝起きに思ったこと


今日は起きる時に眠りが浅くなって


いろいろ考えながら、うとうとしていたんです。



過去の男の話ですが、私が付き合っている時に


ヤクザからバイアグラみたいな薬を買って来てほしいと言った男がいたんです。


何の話をしているのか?


そういうのは、ヤクザから買うのではなく病院へ行くべきではないのか?


と思って、インターネットで病院を検索してやったんです。


その後も同じことを言われたのですが、


私は無視したんです。


何を言っているんだろう?というのが、その時の私の感想だったんです。


その人とは別れましたが、


仕事中に薬物でおかしくなったお客さんが会社に来た平成28年5月に、


自分から薬物に手を出したそのお客さんが


ある話をしたんです。


覚醒剤をバイアグラみたいな薬と言って売ったり買ったりしている話だったんです。


コンビニでパンやおにぎりでも買って来る話のように


笑顔で何事もないようにその話をしたことに驚いたのですが


過去のその話をその時に思い出したんです。


過去にその話をした男は、何も知らない私に覚醒剤を買わせようとしたのか?って。


私と付き合っている時は、そういうものは持っていなかったけど


もともとは自分から薬物をやる人だったのか?って。


その時にそんなことを思ったことを


今日 眠りが浅くなった時に思い出して


男の人と付き合うのって怖いなぁと思ったんです。



覚醒剤は、テレビの中のことだとずっと思っていましたが


震災以降は、身近な問題になったんです。


いわきに会社があった時は、谷川瀬で車がたくさん通る目立つ場所だったから


物件探しで会社に入って来るお客さんの数が多かったのですが


多い分、震災以降は薬物でおかしくなっている人が


入って来ることも多かったんです。


数年前から、会社を他の場所に移したいという気持ちはあったので


谷川瀬から移したことは良かったのですが、


いわき市平の他の場所に会社に移して自宅も市内で引っ越したとしても


結果は、今と同じだったんじゃないのかな?と思ったんです。


引っ越し先が北茨城ではなく、日立や水戸でも今と同じだったかな?って。


危険を回避して平和に普通に生活できる環境は


悪い人たちが捕まらない限り、どこに行ってもないということなんでしょうね。


そういう話を私にした人たちが去年は数人いましたが


他の人たちの方が私よりも状況を知っていたということなんでしょうね。


今日は眠りが浅くなった時に、そんなことをいろいろ考えたんです。



今のこの場所では安全に住める環境ではないので


いわきの物件が売れて、ある程度 仕事で結果を出した後に


アメリカに引っ越した方がいいんじゃないのかな?と思って


次男にアメリカに引っ越こすか?と聞いたら


嫌だ!と言われたんです。


行く!と言うと思ったのに。


意外な返事が返って来たんです。


いつも次男は洋画を見ているのですが、


それを隣で見ている私は、アメリカへ引っ越すことに心が揺れているのに


次男の意見は違うんです。


悪い人たちが捕まらない限り、生活は悪化していくと思うんです。


そう思うのは、私だけではないじゃないですか。


人生 一度しかないのに、悪い人に散々酷いことをされて


毎日 ため息をつきながら生活していくなら


あるところで大きな決断をして、それに架けてみるのもいいんじゃないのかな?


と思ったのが、今日 起きた時の私の案でしたが


他の人たちが私の立場だったら、どんな選択をするんでしょうかね?


私は、どんなことでも前に進むことしか考えないので、


いわきに戻るという選択は絶対にないんです。



どうするべきなんでしょうね?




私の心が揺れていても、今のところ引っ越しの予定はないので


仕事は今まで通りです。